ブログ

断の水門 開けすぎた?

2013.12.18

ごきげんさまです

公認断捨離トレーナーの大澤ゆう子です。

 

 

私は、断捨離トレーナーとダスキンの2足のわらじを履いていますが

一週間のうち、おおよそ3日はダスキンでのレンタル業務をしています。

1日平均30軒 キロ数にして 約100km 今日もよく走りました!!

 

 

お客様は事業所よりも一般家庭が多く

野菜を作っている方も多いことから

野菜をいただくことが多くあります。

「たまには、お茶を飲んで行って」と、お誘いいただく事も

(基本的にお客様から頂くものは遠慮をするのがルールですが・・・)

 

 

『一度は遠慮をするものの、ありがたく頂戴する』と「私ルール」を決めています。

ここは断捨離の「断」という入り口の水門を閉めないのです。

 

2013121801190000

 

なぜなら、

丹精込めた新鮮な野菜と一緒に、お気持ちもいただいているから

大根、白菜、ねぎ、サトイモ、青梗菜、はやとうり

数軒のお宅からの頂き物

ありがとうございます。

 

ただ、今回の頂き物の中で始めて頂いた「干し大根」

これは、ぬかづけたくあん用?

 

 

こ、これは手ごわい・・

たくあんを漬けたことがなく、道具と材料を買っても

作れるのか? 食べ切れるのか?

 

 

どうする?私・・・

断の水門を開けすぎたのかなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、お読みいただきありがとうございます。

 

 

ブログランキングが増えました

ポチット応援いただけると嬉しいです

  ↓    ↓


にほんブログ村



断捨離 ブログランキングへ