ブログ

このままでは、もったいない

2013.06.19

 

ごきげんさまです

 

高崎断捨離会の大澤ゆう子です。

 

さて、6月と言えば・・

各地で紫陽花の花が見ごろのようですね

私の所属するダスキンの事務所に出勤してみると

紫陽花の花が花瓶に活けられていました。

 

おそらく、Kさんが活けてくれたのかしら?

 

2013061817200000

      ↑  

けれど、明らかに水が上がっていない状態

 

 

聞いてみると持ってきてくれたのはKさん

 

「水が上がっていないようなので、茎をたたくか

火であぶると水を上げるよ!」と言ってみる・・

「え~そんなことしたら、花がかわいそうな気がする~」

 

 

って・・ん??

 

お庭から切って持ってきてくれたのは何のためなのだろう?

 

 

その花を美しく保つため、生かしきる工夫が「火であぶる」なのだけど・・・

 

 

かわいそうだから何もせず、その状態で花瓶に入れておくのは

あまりに、もったいない

漢字にすると勿体無い

モノの体が無い

この花の体がなくなるまでは数時間でした。

 

 

茎を火であぶり、すぐに水の中へ入れる

「へ~、そうするんですね!」とKさん

 

 

人命救助ならぬ、花救助✿無事成功いたしました。

 

 

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

群馬県初 大澤ゆう子の1dayセミナーのお知らせです!

定員は先着10名様です。お早目にお申し込みくださいね

             

 【日時】2013年7月7日(日)

    10:00~17:00 

【場所】音羽倶楽部

    http://otowaclub.plus.co.jp/

【定員】10名

【受講料】19,800円 

 

参加ご希望の方は、こちらの決済方法をお選びいただきお申し込みください

   ↓      ↓

 ▽カード決済用

 
▽銀行振り込み
 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ぽちっと、クリックを頂けると嬉しいです。

 ↓     ↓

にほんブログ村